2010年05月03日

もしあなたが、敷金がほとんど返ってこなくて困っている方で在るならば・・・

もしあなたが、敷金がほとんど返ってこなくて困っている方で在るならば・・・

■賃貸契約金奪還マニュアル■
また他にも、もしあなたがアパート・マンションを契約した際に
 ●敷金が返ってこなかった
 ●意味不明な修繕費用を請求された
 ●手付金・申込金を没収された
 ●仲介手数料を1ヶ月分支払った
 ●鍵の交換費用を求められた
 ●消毒費用を求められた
 ●保険料が高く感じた
 ●少しでも契約金を安く抑えたい
 ●契約内容に不満を感じたが何も言えなかった
 ●今もまだ契約内容に腑に落ちない点がある

といった思いや経験をしたことがあるのなら、今すぐこの続きをお読みください。

私はそれらの悩みをカンタンに解決することができる方法をあなたにご提供できます。



このサイトは、あなたに次のような効果をもたらします   

もしあなたが、敷金がほとんど返ってこなくて困っている方で在るならば・・・
  その敷金のほとんどを取り返すことができます!
もしあなたの契約書に、「退去の際に清掃費、畳・襖の張替え費用の張替え費用を
  支払うものとする」という特約が在ったとしても、これらの特約を無効にすることが
  できます!
たとえあなたが、返還不可能と言われる敷引特約の地域の方でも、
  その敷引額を大幅にカットすることができます!
もしあなたが、入居したばかりの方で、仲介手数料を家賃の1ヶ月分も
  支払わされたのであればその半分を取り返すことができます!
とにかく、入居から退去までにかかる費用が数十万円も節約できて、
  あなたの生活は驚くほど豊かになります!




私は不動産業者に騙されていない!と自信をもって言えますか?

元大手不動産会社の社員であり、今では敷金返還の専門家として
 業界のTOPを走り続ける私が、正直に告白します。
■賃貸契約金奪還マニュアル■




今の日本の賃貸契約において、法律を遵守し、真に公平な契約をしている業者は
 ほんの僅かしかいないことでしょう。

あなたが契約している業者も含め、ほとんどの業者が法の隙間をついて
 不当に利益を得ようとしています。


例えば、仲介手数料・・。

法的な定めでは、仲介手数料の上限は
 借主の承諾を得ない限り、賃料の半月分が上限とされています。

あなたはその事実を知らされること無く、
 仲介手数料1ヶ月分にて契約を結ばれてはいませんか?

本来は家主と入居者とで折半で支払われるべき仲介手数料を
 家主に気に入られたいばかりに入居者に全額を負担させているのです。

そして、更に恐ろしいことには
 あなたは知らず知らずの内に、そのことについて同意の上契約を結ばれているのです。

大事なことは敢えて説明せず、
 「ではここに署名と捺印をお願いします。」と・・・。



 そしてコレだけでは終わりません。

入居中は何の根拠もない更新料を奪い取られ、
 退去したときは支払う必要のない数十万円に及ぶ修繕費用まで、
 まるでそれが当然のことであるかの如く、あなたから搾り取っているのです。





もしあなたが、敷金がほとんど返ってこなくて困っている方で在るならば・・・

■賃貸契約金奪還マニュアル■
posted by 敷金を取り at 09:39| 敷金を取り戻す方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

その修繕・・・誰が費用負担するのさ!?

その修繕・・・誰が費用負担するのさ!?


あなたを徹底的にサポートする充実の5大特典


 特典1・超実践的!タイプ別内容証明テンプレート。

 ⇒このマニュアルを誰でも簡単に使いこなせるようにテンプレート化致しました。
  組合せ次第であらゆる契約内容に対応できるこのテンプレート、
  これだけで5,000円の価値は十分あるでしょう。
  →あなたはこのテンプレートを「使い方」にしたがって自分専用にカスタマイズするだけです。
  作業時間は30分とかかりません。


特典2・その修繕・・・誰が費用負担するのさ!?
      一目でわかる【修繕費用負担区分表】

 ⇒賃貸トラブルでもっとも多いのが修繕費の負担をめぐるトラブルです。
  →これにより、余計なトラブルが回避できるばかりか、理不尽な請求等を回避する
    ことができます。


特典3・○○が効かない!?そんなときでも大丈夫。
      確実に結果をもたらす【第2の作戦】

 ⇒テンプレートで効果が無かったときはこちらを実行すれば楽勝です^^


特典4・トラブル防止の必需品!
      洲加本流【入退去時物件状況チェックシート】

 ⇒備えあれば憂いなし!多くのモニターが欲したアイテムを洲加本流のオリジナル
    手法で作り上げてみました。
  →ここでしか手に入らない限定アイテムです。



特典5・宅建協会を超える相談機関を知っていますか?
     【都道府県別相談窓口一覧表】

 ⇒各都道府県にその機関は存在していますが、困ったことに地域によって名称が
  違うため、探し出すのが難しいのです。
  →しつこい様ですが、私はあなたに負担をかけたくありません!
  そこで、予めその相談機関の名称と連絡先等を全ての都道府県別に分けて調べ
  上げました。
  どうかお役に立てて下さい。


更に3つの特別プレゼント!!

小さなおまけ・知っておきたい不動産用語の基礎知識
  ⇒ネットですぐに手に入る情報ですが、あると便利なのでまとめておきました^^。

中くらいのおまけ・【洲加本流】良い不動産の見分け方
  ⇒これは私が出したもう一つの無料レポートですが、一部のところでしか入手できない
  代物ですのでまだ持っていない方はこの機会にどうぞ☆
  洲加本流のオリジナル戦法ですのでかなり非常識ですよ^^

大きなおまけ・マニュアル以上の価値がある!?あなたの未来を大きく変える○○法
  ⇒このマニュアルのもう一つの活用法です!
  契約金奪還には直接関係がないので、『おまけ』という位置付けですが、
  その内容は特典1のテンプレートに匹敵するほどの濃いものとなっております!

 これによりあなたは、契約金の奪還とは別に
  毎月1万円前後の副収入を手に入れることができます!
  その方法を、誰でも簡単にできるように、完全図解で親切丁寧にご説明しております^^
  つまり、この情報の代金は1ヶ月でモトが取れてしまうのです。
  そして更に継続して収入は発生し続けます。

 もはや買わない理由がないですよね。
posted by 敷金を取り at 09:37| 敷金を取り戻す方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

敷金をボッタクラレそうな気がする。

敷金をボッタクラレそうな気がする


■賃貸契約金奪還マニュアル■
このような方には価格以上の価値をもたらすでしょう。     
敷金がほとんど(全く)返って来なかった。
  ⇒敷金を取り返すことができます。
敷金をボッタクラレそうな気がする。
  ⇒退去を待たなくても敷金トラブルを解決できます。
意味不明な修繕費用を請求された。
  ⇒不当な請求は全て却下できます。
手付金・申込金を没収された。
  ⇒没収された手付金・申込金を取り返すことができます。
仲介手数料を1ヶ月分支払った。
  ⇒仲介手数料は半額に抑えることができます。
鍵の交換費用を求められた。
  ⇒鍵交換に関して騙されることがなくなります。
保険料が高く感じた。
  ⇒保険の勧め方で不動産業者の良し悪しがわかります。
少しでも契約金を安く抑えたい。
  ⇒マニュアルを実行することで万単位の節約が可能です。
契約内容に不満を感じたが何も言えなかった。
  ⇒今からでも遅くありません。トークをほとんど使わないので口下手なあなたでも安心です。
今もまだ契約内容に納得できない点がある。
  ⇒今からでも遅くありません。契約内容の変更はいつでも可能です。
posted by 敷金を取り at 09:36| 敷金を取り戻す方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

誰でも?カンタンにできる礼金を取り返す方法とは?

誰でも?カンタンにできる礼金を取り返す方法とは?


●誰でも?カンタンにできる礼金を取り返す方法とは?

 ⇒これにはちょっとした条件が必要です。やることは誰でも簡単にできますが、
  条件を満たしてないとやることすらできません・・。
  →しかし、このマニュアルは限界に挑戦しました!!
  条件を満たしてなくても意外と効果のある礼金節約の方法を載せています。
  条件さえ満たしていれば、効果抜群☆簡単に、しかもアッサリと礼金を全額
  取り返すことが可能です。あなたの礼金をいくら払いましたか?
posted by 敷金を取り at 09:35| 敷金を取り戻す方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不動産業者に立ち向かう為に必要な法的知識とは?

不動産業者に立ち向かう為に必要な法的知識とは?


■賃貸契約金奪還マニュアル■
●これだけ知っていれば大丈夫。
  不動産業者に立ち向かう為に必要な法的知識とは?

 ⇒不動産業者は、弁護士や司法書士等の士業に次ぐ法の専門家です。
  そんな彼らは法律を上手くやりくりしてあなたから利益をせしめ様としています。
  専門家に法律用語使われると素人の脳は自然に思考がストップする仕組みに
  なってるようですね^^
  →ここでは、不動産業者が用いる法律用語と、それに対抗する手段を必要最低限、
  わかりやすく噛み砕いてご説明しています。全てが超実践的な用語ばかりです!


●あなたが負担すべき本当の費用項目とは?

 ⇒「結局のところ、私はいくらの払えばよかったの?」
  敷金だけについての話ではありません!入居から退去まで、あなたが支払うべき
  費用と、支払わなくても良かった費用を、これまた小学生にもできる簡単計算式で
  求められるようになっています。


●契約書のウソを見抜くポイント。

 ⇒ここまで読んだあなたには必然的に契約書のウソを見抜く力が付いています。
  →これにより、あなたは今の契約も含め、今後何度引越しをしても契約内容から
  ウソが見抜けるようになり、不動産業者から「この人、同業者かな?」と一目置か
  れるほどの賃貸契約エキスパートになることができます。


●不動産業者のウソを見抜くポイント。

 ⇒上記と同じことですが、契約書だけでなく不動産業者の言葉に隠されたウソにも
  同時に気付けるようになっています。
  →この力は、不動産関係だけにとどまらず、人生におけるあらゆる契約ごとにおいて
  『契約の本質を見抜く力」、「たとえ騙されたとしてもすぐに対抗できる力」として大いに
  役に立つことでしょう。


●誰でもカンタンにできる敷金返還請求の方法とは?

 ⇒一般的な敷金返還請求は退去後に行い、敷引精算地区には対応していません。
  →しかし、このマニュアルは常識を覆します!!!
  入居中だろうが退去後だろうが、敷引精算地区だろうが実費精算地区だろうが、
  あらゆる場面で効果を発揮します!しかもパターン別に分けているからわかりやすい!

posted by 敷金を取り at 09:34| 敷金を取り戻す方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

敷金っていくら返ってくるの?敷金返金額の計算式

敷金っていくら返ってくるの?敷金返金額の計算式


■賃貸契約金奪還マニュアル■
●敷金っていくら返ってくるの?敷金返金額の計算式。
   小学生にもできるその方法とは?

 ⇒「敷金がいくら返ってくるかは退去するまでわかりません」不動産業者の決まり
  文句ですね。
  確かに正確な金額はわかりませんよ。お部屋の状況にもよるから・・。
  でもお部屋の広さと契約書を見れば、不動産業者ならおよその見当はつくはずです。
  なぜ教えてくれないのか?は置いといて、実際にいくらくらい返ってくるのか?
  それを簡単なチャートにしてみました。
  →足し算と引き算と掛け算ができれば誰でもわかります!
posted by 敷金を取り at 09:33| 敷金を取り戻す方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

敷金が返ってこなかった

敷金が返ってこなかった


■賃貸契約金奪還マニュアル■
突然ですが、あなたの契約書には
『退去の際は、清掃費用・畳・襖の張替え費用
(又は敷引)を敷金より差引き精算いたします。』
という文言がありませんか?


また他にも、もしあなたがアパート・マンションを契約した際に
 ●敷金が返ってこなかった
 ●意味不明な修繕費用を請求された
 ●手付金・申込金を没収された
 ●仲介手数料を1ヶ月分支払った
 ●鍵の交換費用を求められた
 ●消毒費用を求められた
 ●保険料が高く感じた
 ●少しでも契約金を安く抑えたい
 ●契約内容に不満を感じたが何も言えなかった
 ●今もまだ契約内容に腑に落ちない点がある

といった思いや経験をしたことがあるのなら、今すぐこの続きをお読みください。

私はそれらの悩みをカンタンに解決することができる方法をあなたにご提供できます。



このサイトは、あなたに次のような効果をもたらします   

もしあなたが、敷金がほとんど返ってこなくて困っている方で在るならば・・・
  その敷金のほとんどを取り返すことができます!
もしあなたの契約書に、「退去の際に清掃費、畳・襖の張替え費用の張替え費用を
  支払うものとする」という特約が在ったとしても、これらの特約を無効にすることが
  できます!
たとえあなたが、返還不可能と言われる敷引特約の地域の方でも、
  その敷引額を大幅にカットすることができます!
もしあなたが、入居したばかりの方で、仲介手数料を家賃の1ヶ月分も
  支払わされたのであればその半分を取り返すことができます!
とにかく、入居から退去までにかかる費用が数十万円も節約できて、
  あなたの生活は驚くほど豊かになります!




私は不動産業者に騙されていない!と自信をもって言えますか?

元大手不動産会社の社員であり、今では敷金返還の専門家として
 業界のTOPを走り続ける私が、正直に告白します。


今の日本の賃貸契約において、法律を遵守し、真に公平な契約をしている業者は
 ほんの僅かしかいないことでしょう。

あなたが契約している業者も含め、ほとんどの業者が法の隙間をついて
 不当に利益を得ようとしています。


例えば、仲介手数料・・。

法的な定めでは、仲介手数料の上限は
 借主の承諾を得ない限り、賃料の半月分が上限とされています。

あなたはその事実を知らされること無く、
 仲介手数料1ヶ月分にて契約を結ばれてはいませんか?

本来は家主と入居者とで折半で支払われるべき仲介手数料を
 家主に気に入られたいばかりに入居者に全額を負担させているのです。

そして、更に恐ろしいことには
 あなたは知らず知らずの内に、そのことについて同意の上契約を結ばれているのです。

大事なことは敢えて説明せず、
 「ではここに署名と捺印をお願いします。」と・・・。



 そしてコレだけでは終わりません。

入居中は何の根拠もない更新料を奪い取られ、
 退去したときは支払う必要のない数十万円に及ぶ修繕費用まで、
 まるでそれが当然のことであるかの如く、あなたから搾り取っているのです。



 正直私は、もううんざりなんです。

弱気を騙し、都合の良い解釈で言葉巧みに入居者を丸め込め
 少しでも利益を得ようとする、その卑しい今の不動産業界のあり方が!!

「衣食住」の「住」を提供するすばらしい職種である不動産業が
 いつまでも変わることなく詐欺的な行為を繰り返していることに
 我慢が出来ないのです!!



 私の力が、全国の入居者様のお力になれればと思い、
 全国の不動産業者から睨まれることを覚悟の上で、
 その全貌を明らかにすると共に、

敷金問題に苦しむあなたを助けるため、この情報の公開を決意しました。



あなたが如何に、今まで言葉巧みに騙され続けていたかが
 分かっていただけたことと思います。

もし、無料版を見た上で、
 あなたがそれら騙し取られた費用を取り返したいというのなら

以下にご紹介する私の渾身の作品

「賃貸契約金奪還マニュアル」がきっとあなたのお役に立てるでしょう。



賃貸物件の契約で不当な請求を受けないようにするために、
 あなたは何をしますか?


 多くの一般書籍では
『契約書をよく読み、わからないことは契約時にキチンと質問しましょう』
などと書いていますが、あなたはこれで本当に問題が解決すると思いますか?

●契約書をじっくり読む暇がない
 ●読んだところで何が不当な内容なのかがわからない
 ●納得いかなくても何と言ったらよいのかわからない
 ●不動産業者に質問しても説得されるだけで契約内容が変わるわけではない
 ●てゆーか、もうすでに契約しちゃったし・・・

・・・・ですよね。

これだけで一般の借主が問題を解決できるわけがありません。


インターネットで知識を得ますか?宅建協会や掲示板など無料相談に頼りますか?

でもそもそも何を相談すればよいのかわからないですよね?
 敷金について質問するだけで良いのですか?
 本当は他にももっとたくさんあるのですよ。あなたの契約の問題点は・・・。
 第一、先ほども言ったように、相談して知識を得ても不動産業者には適いません!


 問題解決に一番良い方法・・・

・・・それは、

弁護士の先生に相談して裁判を起こすことです。

確実に白黒ハッキリと決着がつきます。費用は鬼のように高いですが・・・( ̄▽ ̄;)

ちょっと前までは、敷金返還代行サービスなるものが流行っていましたが、これは弁護士法第72条(非弁行為)に抵触する恐れがあると指摘されていますし、最近ではそのことが業者サイドにもバレていますので効果が期待できなくなってきています。しかも、費用も決して安くはありません。


しかも、これらの方法には共通して大きな問題があります!


それは退去した後でなければ、実行に移せない!ということ。

退去した後というのは当然次の引越しがあり、最も忙しく、もっともお金が必要な時期でもあります。
そのような時期にバタバタと敷金返還交渉を始めても、余計忙しくなるだけですし、
結局敷金が返ってくるのはずいぶんと経過してからだしで、全く意味がないですよね?

多くの人はそうやって諦めていくのです。
 第一、退去するまでの間、あなたはずっと敷金精算に不安を抱えながら
 生活をし続けるのですか?

退去してからでは本来取り返せる費用も取り返せなくなってしまいますよ?
 そして次の引越し先でもまた同じことを繰り返すつもりですか?
 日本人は人生において3〜5回の引越しをするそうです。
 あなたは後何回引越しをするおつもりですか?その費用の累計を想像できますか?



このマニュアルは根本から違います!

つまり、契約時は特に何も質問しなくても良いですし、退去を待たずして結果がでてしまいます!

高額な費用がかかることもないですし、不動産業者との会話もほとんど必要ありません!

トークを極力抑えた上で、誰でもカンタンに実行でき、一生使えるノウハウ

そんなものを目指しました。

しかもそのノウハウを多彩な特典で徹底的にフォローします。

これにより成功率も格段にアップしました。




あなたもこのマニュアルを使うことによって、
 たった2時間くらいのカンタン作業(実質1時間)でカンタンに
 敷金・礼金・その他モロモロ10万円〜30万円も取り返すことができるのです!

しかも、実行後約20日で結果がでますので退去まで待つ必要もありませんし、
 面倒な交渉もいりません。



想像してみてください。

退去したときに敷金が返ってこなかったときの自分の姿を・・。

今住んでいるところを退去するということは必ずそれなりの理由があります。
 一番多いパターンは『結婚に伴う新居への引越し』ですがそんな時、
 あてにしていた敷金が全く戻ってこなかったら・・・。

せっかくの新婚生活が最悪のものとなるでしょう。
 不動産業者ともめ、予定していた家具も買えず、
 結婚式のプランをも変更するはめになりかねません。

通常敷金は退去後1・2ヵ月後に返金されますが、
 その間、いくら返ってくるのかがわかっているのとわかっていないのとでは
 新生活のスタートが大きく違ってきます。


想像してみてください。

引越しのとき、手元に降って沸いた30万円の余裕があるときのことを・・・。

あなたはこの30万円をどのように使いますか?
 私ならでっかいソファーとプロジェクター・スクリーン・5.1chサラウンドスピーカーシステムを
 購入してホームシアターを作り出します。
 

沖縄旅行なんかもいいですね。
 
なんせ、もともとなかったはずのお金なので気兼ねなく贅沢が出来ます^^


もう一度想像してみてください。

退去した後、返金された敷金が予想より10万円も少なかったときのことを・・・。



・ ・ ・



なぜこのマニュアルじゃないとダメなのかって?

確かに、敷金返還系のマニュアルは他にも存在します。
 しかしそれらの多くは敷金のみにフォーカスされており、退去の後にしか実行に移せず、
 ハイレベルな交渉術が要求されます。



 でもそれじゃダメなんですよ。

敷金以外にもあなたが取り返すべきお金はありますし、
退去の後は忙しくて実際にはあまり動きが取れないですし、
何より今まで不動産業者とまともに交渉をしたことのないあなたには
トークで不動産業者に勝つ自信なんてないでしょう?


そう思ったからこそ、私はこのマニュアルを作成しました。

このマニュアルは、敷金以外の礼金・仲介手数料などなど、
賃貸契約に関わる基本的な費用の全てを返金の対象としています。
(更新料は返還ではなく、今後の支払いを減らすことが可能となります。)

このマニュアルは、退去を待たずして結果がわかる画期的なマニュアルです。
(もちろん、退去後の人でも効果があります。)

このマニュアルは、人生において一度たりとも文句を言ったことのないような人
でさえカンタンに実行できるように工夫されています。
(マニュアルの内容を書面で送るだけです。)

わかりにくいですか?

ではこれならどうでしょう?
このマニュアルの内容を以下にまとめてみました。
■賃貸契約金奪還マニュアル■




あなたが払った賃貸借契約金、今から30日以内に、いとも簡単に取り返すことが可能です!
posted by 敷金を取り at 09:33| 敷金を取り戻す方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

賃貸契約金奪還マニュアル

賃貸契約金奪還マニュアル

あなたが払った賃貸借契約金、今から30日以内に、いとも簡単に取り返すことが可能です!


■賃貸契約金奪還マニュアル■
あなたが不動産業者に払った契約金・・・
入居中であろうが、退去後であろうが、
今から30日以内に、
しかも不動産業者との交渉すらすることなく、
いとも簡単に取り返すことが可能です!
もしあなたがこれら「騙し取られた費用」の奪還を望むなら、
これまで悪徳不動産会社のトップ営業マンとして騙す側の人間だった私が、
不動産業者が使う騙しの手口を徹底的に暴露すると共に、更には、
契約内容を強制的に「あなた好みの内容」に変えてしまう究極のテクニックと、
敷金をはじめとするあらゆる費用をいとも簡単に取り返す方法をお教えましょう。
もちろん、効果がなければ全額返金いたします。
posted by 敷金を取り at 09:31| 敷金を取り戻す方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月16日

あきらめたり、泣き寝入りせず、敷金を取り戻す方法

あきらめたり、泣き寝入りせず、敷金を取り戻す方法

アパートを退去する時、
戻ってくると思っていた敷金が
戻ってこなかったあなたに!

証拠画像も大量公開中

賃貸アパートを退去する時に、
戻ってくると思っていた敷金が戻るどころか
不足分18,223円を請求されたが、

不足分18,223円を支払うこともなく
預けてあった敷金106,202円を
取り戻すことができた方法を
知りたい人は他にいませんか?



もしかしたら、あなたは


賃貸アパートや賃貸マンションを退去する時に、不動産業者や管理会社からきた退去時の精算金額に驚き、文句を言ってはみたものの相手にされず丸め込まれ、最後はあきらめて請求された金額を支払ってしまった。

賃貸アパートや賃貸マンションを退去する予定になっているが、預けてある敷金が戻ってくるのか心配している。

現在賃貸アパートや賃貸マンションを借りて住んでいるが、退去する時に預けてある敷金が戻ってくるのか心配している。

これから賃貸アパートや賃貸マンションを借りて入居することになったが、預けた敷金が退去する時に戻ってくるのか心配だ。

といった思いや、経験をしたことはありませんか?

もしあなたが「はい、そうなんです」と思っているのであれば、あなたにとても良いニュースがあります。

今回私は、私自身が実際に賃貸アパートを退去する時に「敷金を取り戻すことができた方法」をあなたにお伝えします。

あなたが賃貸アパートや賃貸マンションを退去する時、きっと私と同じような請求があなたにもきます。



その時、あなたはどうしますか?
あきらめたり、泣き寝入りせず、敷金を取り戻す方法





あきらめたり、泣き寝入りせず、敷金を取り戻す方法

アパートを退去する時、
戻ってくると思っていた敷金が
戻ってこなかったあなたに!




これは私が3年間借りていた賃貸アパートを退去する時に、私と賃貸アパート管理会社の担当立会いのもとで作成された2007年12月14日付け「退去立会ご確認書」というものです。

私が借りていた賃貸アパートは2DKの間取りで、台所、北洋室、南洋室と全ての部屋の天井と壁のクロスが張替えとなっています。

玄関の鍵シリンダーが交換になっています。

トイレは床CFが張り替えです。

アパート全体はルームクリーニングを行います。

賃貸アパートの管理会社の担当から、この確認書を見せられ説明を受けた時、私は「ウソだろ?」と思ってしまいました。

それまで私は高くても4〜5万円ぐらいと思っていたからです。

それが合計161,805円です。

入居時、敷金は2ヶ月分で106,000円を預けてあります。

また、12月の家賃と駐車代の過剰支払い額が29,602円あります。

それで差額不足分が26,203円になり、私はこのお金を請求されたのです。



これは何とか値切るしかない!


私;「この天井と壁のクロスが全部張替えになっていますが、この程度で張り替えなければならないのですか?」

賃貸アパート管理会社担当;「あなたタバコ吸いますよね?」

私;「ええ、吸いますけど」

賃貸アパート管理会社担当;「天井や壁のクロスが黄ばんでいますよね。タバコのヤニなんです」

私;「ルームクリーニングで落ちないですか?」

賃貸アパート管理会社担当;「じゃあ洗剤があるのでやってみますか?なかなか落ちませんから・・・」
     ・
     ・
     ・
私;「落ちませんね・・・」

私;「それでも天井や壁のクロスを全部張り替える必要はないんじゃないですか?」

賃貸アパート管理会社担当;「一部というわけにはいかないのです。張り替えた所とそうでない所で色が変わってしまいますよね?それに、次にここに入ってくる人もこんなに黄ばんだクロスの部屋を借りたいと思いますか?嫌でしょう?あなたがここに入居するとしたらそう思いませんか?」

なんとなく納得しそうな私。

私;「そうですか。少しまけてもらえませんか?」

賃貸アパート管理会社担当;「ちょっと待ってください。それでは、ここを無くして、こことここを少なくします」

言ってみるものです。

賃貸アパートの管理会社は融通が利きます。

7、980円もまけてくれます。

その金額が線で消し、書き変えてある金額です。

こんなものかな?もうしょうがないな・・・

あなたもきっとこんな様子で最後はあきらめてしまうかと思います。

私;「そうすると残りは18、223円ですね」

賃貸アパート管理会社担当;「ご足労ですが、書類を作成しますので印鑑を持って、午後2時に事務所の方まで来ていただけますか」

私は一旦家に戻り、その日の午後2時に賃貸アパート管理会社の事務所へいきました。

賃貸アパート管理会社担当;「度々ご苦労様です。だは、ここに印鑑と署名をお願いします」

私;「すみません。やっぱり敷金全部返してください!」

賃貸アパート管理会社担当;「何ですか?」

私;「敷金を全額返して欲しいといっているのです!」

賃貸アパート管理会社担当;「何をいまさら言うのですか!さっき支払うと言ったではないですか」

私;「国土交通省の”原状回復をめぐるトラブルとガイドライン”というのご存知ですよね?それから、”東京における住宅の賃貸借に係る紛争の防止に関する条例”というのもご存知ですよね?」

私;「不動産業界の方だから、国土交通省の”原状回復をめぐるトラブルとガイドライン”や”東京における住宅の賃貸借に係る紛争の防止に関する条例”の内容については当然理解していると思いますが?違いますか?

私が今回退去することになった賃貸アパートの賃貸借契約書には、”本件貸室の明け渡し”事項で、

1.事由の如何を問わず本契約が終了した時は、乙(借主)は、本件貸室を原状回復して(畳の表替え、襖の張替え、ルームクリーニング、鍵の交換、その他損傷箇所を含む。)、甲(貸主)に明け渡す。

2.前項の原状回復工事は甲が行い、その費用は乙の負担とする。

とあります。

また、重要事項説明書の”敷金の契約終了時の精算に関する事項で、

1.賃料の滞納、損害賠償等賃貸借契約に関する債務がある場合は敷金よりこれを控除します。

2.原状回復等借主の負担費用が発生する場合は敷金よりこれを控除します。

とあります。

宅地建物取引業法第35条により重要事項の説明が義務付けられていますが、先ほどの重要事項説明ではこの内容しか説明を受けていません。

私に対し今回管理会社さんが求めているのは、タバコのヤニによる天井・壁クロスの汚れを原状回復すること。

賃貸借契約書の特約として玄関の鍵シリンダーの交換すること、ルームクリーニングを行うことですね?

天井や壁クロスのタバコのヤニによる汚れについてですが、タバコのヤニによる汚れについて特別な重要事項説明書による説明はありませんでした。

したがって、タバコの喫煙自体は、用法違反にはあたりません。

そして、私は、入居中天井や壁クロスの清掃を定期的に行ってきました。

そうすると、私には天井や壁クロスのタバコのヤニによる汚れに対し、手入れ等の管理を怠ったというわけではなく、善管注意義務違反にはあたりません。

天井や壁クロスの黄ばみは、通常の損耗の範囲であると考えられるので、私にはそれを負担する義務はありません。

また、玄関の鍵シリンダーの交換は賃貸借契約書の特約として記載されていますが、これも私には負担する義務はありません。

鍵シリンダーの鍵を無くしたとか、壊したというのならともかく、鍵シリンダーには何も異常は見られませんでしたよね?

ですから、鍵シリンダーの交換は原状回復には含まれないと思うのですが、その辺の理由については管理会社さんも十分ご存知ですよね?

ルームクリーニングについても同じです。

これで私が敷金を全額返して欲しいといっている事分かっていただけますね?

管理会社さんが納得できないというのであれば、裁判にもっていっても構いませんが。

でも、今までの判例を見ても分かるように、これらのことは全て裁判所は私と同じことを言っていると思いますが、どうされますか?

それに、私が訴える裁判となると、家主さんが被告になりますが、それでも構わないと言われるのならそうしますが・・・」

賃貸アパート管理会社の担当者は、もう返す言葉を失っています。

賃貸アパート管理会社担当;「家主さんと相談させていただき、回答します。今日の夕方まで待ってもらえますか?

私;「ところで、私はこの物件は既に明け渡してあります。後で使用損害金とか言って請求しないでくださいよ。念のために・・・」

賃貸アパート管理会社担当;「・・・」

その日の夕方、賃貸アパート管理会社の担当から電話がありました。

管理会社担当;「家主さんと相談したのですが、半額でどうかということなのですが、いかがですか?」

私;「半額もお支払できません」

賃貸アパート管理会社担当;「どうしてもだめですか?」

私;「それなら、私もタバコを吸っていたので、ルームクリーニング代だけならお支払します」

賃貸アパート管理会社担当;「そうですか。もう一度家主さんと相談してみます。明日の朝連絡を入れます」

そして、最後には、これを見てください!
あきらめたり、泣き寝入りせず、敷金を取り戻す方法




106,202円が私に戻ってきたのです!

全額とまではいきませんでしたが、ルームクリーニング代だけ支払いました。



この感激を私は一人占めするつもりはありません。

そのために、私はこの方法をあなたにもお伝えすることにしました。

私が話をした言葉の意味は、あなたは分かりますか?


>>

国土交通省の”原状回復をめぐるトラブルとガイドライン”とは?

>>

東京における住宅の賃貸借に係る紛争の防止に関する条例とは?

>>

原状回復とは?

>>

賃貸借契約書の特約とは?

>>

重要事項説明書とは?

>>

善管注意義務とは?

>>

通常の損耗の範囲とは?




どうでしょうか?あなたはこれらの意味は分かりますか?

ところで、話は元に戻りますが、私がアパートで賃貸アパート管理会社の担当と立会いのとき、賃貸アパート管理会社の担当が最初に提示した請求金額に対し、私が少しまけてくれとお願いしたことに理由があります。

それから、アパートから賃貸アパート管理会社の事務所へ場所を移したことにも理由があります。

この2つの理由をあなたは分かりますか?

私が賃貸アパート管理会社の担当に対して言った内容、言葉の意味がお分かりになるあなた。

さらに、上の2つの理由もお分かりになるあなたには、私のこのマニュアルは今さら必要はありません。




はじめまして、Useful−Officeの大田正司と申します。

私、個人事で恐縮ですが、昨年秋に結婚しまして苗字が変わっております。
それでここまで公開している資料の苗字の部分を黒く消させてもらっています。
資料については私本人のもので間違いありません。




この写真は、取り戻したお金で妻と旅行に行ったときのものです。

実に良いリフレッシュとなりました。

なぜ?

それは、取り戻すのを一旦はあきらめかけていた敷金を取り戻すことができたのですから・・・

そして、そのお金を使って前から行きたかったホテルへ行くことができたのですから・・・

私がこのホームページを立ち上げた理由。それは、とても簡単なことです。

あなたにも私と同じように

「賃貸アパートや賃貸マンションを退去する時、敷金を取り戻すことができるようになってもらいたい」

「賃貸アパートや賃貸マンションを退去する時、敷金を取り戻すことができず、あきらめたり泣き寝入りをしてもらいたくない」

「賃貸アパートや賃貸マンションを退去する時、敷金を取り戻すことによって、後味の悪い思いをせずに笑顔でいてもらいたい」

それだけです。

「それだけって?そんなカンタンに言うけど・・・」

もしかすると、こう思われるかも知れません。

いろいろな人に聞いてみると、賃貸アパートや賃貸マンションを退去する時、敷金が返済されず、あきらめたり、泣き寝入りしている人は多いようです。

「なんか、むずかしそう?」

「素人にできるはずがない!」

「不動産管理会社を相手にこんな専門用語で話してみても逆に丸め込まれそう・・・」

あなたがこう思われるのも不思議ではありません。

確かに、賃貸アパートや賃貸マンションを退去する時、敷金が返済されてもわずかしか戻ってこなかったり。

「それって、部屋の状態にもよるんでしょ?」と思っていたり・・・

相殺されても当然のように思われていた敷金が、実はそうではないのです。

ハッキリ言います。


この手の請求は、ほとんどが不正な請求なのです。

大抵の人が知らないことだけで、損をしてきているのです。

この方法を知っている人であれば、もう損をしなくて済むのです。

そんな、誰でも実践できる賃貸アパートや賃貸マンションを退去する時、敷金を取り戻すことができた私の方法を、今回、あなたにお伝えします。

でも、賃貸アパートや賃貸マンションを退去する時、本当に誰にでも敷金を取り戻すことができるのか、やはり不安があることでしょう。

しかし、今回、お伝えする方法はあなたが絶対に損をしないために必要なもの・・・

それは、ほんのちょっとの知識と行動力だけなのです。



あなたは、不動産管理会社の実態を知っていますか?

>>

土地の有効利用と宣伝して、賃貸アパートや賃貸マンションの建設をする家主を探し


>>

自分の会社で賃貸アパートや賃貸マンションを家主の負担で建てさせ

>>

賃貸アパートや賃貸マンションの入居者を家主に仲介することで借主から仲介手数料を取り

>>

賃貸アパートや賃貸マンションの維持管理をすると言って家主の収入になる家賃から手数料を取り


>>

借主が賃貸アパートや賃貸マンションを退去する時に原状回復費用と言って次の入居者確保のための修復費用を請求し


>>

その賃貸アパートや賃貸マンションの修復は自分の会社で工事を行う




賃貸アパートや賃貸マンション管理会社は儲けのためにこのように全て自分の会社に利益が出る仕組みを作っています。

そして、敷金については法律の規制がないことを利用して、法の網の目をかいくぐって、無知な消費者(借主)から多額のお金を搾り取っているのです。



こんな言わば悪徳業者に対抗するためにはそれなりの知識の武装が必要になります。

あなたも知っているようで、本当の意味が分かっていません。

>>

賃貸アパートや賃貸マンションに入居する前に家主と契約を結ぶ、賃貸約契約書。
この賃貸借契約書や重要事項説明書はあまりよく読まず、理解しようとせず、分かった振りだけしていましょう。

>>

賃貸アパートや賃貸マンションの賃貸借契約書の特約が有効になるための3つの条件とは?

>>

賃貸アパートや賃貸マンションの敷金とはいったい何でしょう?

>>

賃貸アパートや賃貸マンションの毎月の家賃。
この家賃には日常生活で自然に生じる汚れや損耗の修繕費が含まれていることを知っていますか?

>>

貸アパートや賃貸マンションの建物価値。
これは年月が経つにつれ減少していきます。この貸アパートや賃貸マンションの建物価値の減少分も家賃に含まれています。

>>

貸アパートや賃貸マンションに入居中にも建物の小規模な修繕が必要な場合があります。
壁のクロス、クッションフロアー、畳のシミなどの落とし方を知っていますか?
カーペットの焼き焦げや壁などのクギの抜け跡の修繕方法を知っていますか?

>>

賃貸アパートや賃貸マンションを退去する時に行う原状回復。
この修繕は家主と借主、いったいどちらが負担するの?

>>

賃貸アパートや賃貸マンションに関する法律の規制がない?
それではいったい何を基準に判断するの?

これらを知ることによって、賃貸アパートや賃貸マンションを退去する時、あなたの困っていることや、わからないことが解消されるのです。

そして、あなたは賃貸アパートや賃貸マンションを退去する時、敷金を取り戻すために非常に参考になります。

そして、賃貸アパートや賃貸マンションを退去する時、あなたは敷金を取り戻すことが可能になります。



このマニュアルは、

>>

これから賃貸アパートや賃貸マンションに入居しようと考えておられる方

>>

すでに賃貸アパートや賃貸マンション管理会社と賃貸借契約を結び賃貸アパートや賃貸マンションに入居されたばかりの方

>>

現在賃貸アパートや賃貸マンションに居住されている方

>>

これから賃貸アパートや賃貸マンションを退去する予定の方

>>

賃貸アパートや賃貸マンションから退去された方



これらの方、全てに参考になるマニュアルになっております。

さらに、退去時に差がつくハウスクリーニングと修繕方法まで付いています。



自分で行うハウスクリーニングの方法は、

>>

基本清掃

>>

しみ

>>

クッションフロア

>>

網戸

>>

カーペット

>>

畳のしみ・黄ばみ

>>

換気扇

>>

レンジ

>>

キッチン壁の油汚れ

>>

シンク

>>

排水口

>>

浴室

>>

洗面台

>>

トイレ

>>

窓ガラス

>>

ベランダの清掃

>>

シール剥がし



などの清掃方法を詳しく説明してあります。



自分で行う補修の方法は、

>>

壁のクロス

>>

クッションフロア

>>

ドアのがたつき

>>

カーペットの焼き焦げ

>>

カーペットのへこみ

>>

柱などの木部のくぎ跡

>>

柱の小さなキズ

>>

フローリング

>>

網戸



などの補修方法を詳しく説明してあります。



入居中の注意事項は、

>>

故障や損傷は放置せず、管理会社にすぐ報告

>>

イスなど足のあるものには足カバー等をつける

>>

ベッドや家具は壁から少し離して設置

>>

流し台、洗面台、浴室入り口等の敷きマットは交換

>>

テープを貼るときは素材に注意

>>

小さな損傷はこまめに補修

>>

接着剤付のフック等に注意

>>

壁にカレンダー等を張る場合は押しピン程度にする

>>

気付いた汚れはすぐに除去

>>

部屋の換気に心がける

>>

網入りガラス



賃貸アパートや賃貸マンションでの生活の細部にいたる情報が満載されてあります。



想像してみてください。

賃貸アパートや賃貸マンションを退去する時、敷金が戻ってくるのと、戻ってこないのとの違いを!

戻ってきた敷金で、海外旅行に行こうか、パソコンを新しく購入しようか、貯金をしようか。

戻ってこなかったら、ものすごくソンをした気持ちのままです。


さて、あなたはこのマニュアルをいくらだったら購入しますか?

賃貸アパートや賃貸マンションを退去する時、敷金返済をプロに依頼した場合、戻ってきた金額の30%程度の手数料がかかります。

さらに弁護士などの専門家に依頼した場合は、それ以上になることでしょう。

たとえば、家賃12万円のマンションを借りた場合、敷金2ヶ月分の24万円を預けておいたとして、退去する時、専門家に依頼して全額返済されたとしても、7万2千円が手数料として差し引かれてしまうことも・・・

そう考えると、あなたのおこずかいで購入できる金額にしました。

この機会に知りたいというあなたに限り、ご提供致します。




「あきらめたり泣き寝入りせず、
敷金を取り戻す方法」
価格:7,800円(税込)

書店では絶対に手に入らない、知られざる内容が満載!
あきらめたり、泣き寝入りせず、敷金を取り戻す方法






あきらめたり、泣き寝入りせず、敷金を取り戻す方法

アパートを退去する時、
戻ってくると思っていた敷金が
戻ってこなかったあなたに!
posted by 敷金を取り at 09:17| 敷金を取り戻す方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

敷金を取り戻す方法

敷金を取り戻す方法

あきらめたり、泣き寝入りせず、敷金を取り戻す方法


アパートを退去する時に戻ってくると思っていた敷金が戻ってこなかったあなたに!



第1章:敷金を取り戻すまで 第2章:なぜトラブルが起きるのでしょう? 第3章:敷金とは何? 第4章:退去時の復旧1.貸主の費用負担2.借主の費用負担(原状回復)(1)借主の“原状回復”義務(2)善管注意義務(善良なる管理者の注意義務)(3)原状回復とはいえないグレードアップ3.借主の負担割合(1)費用負担の範囲(2)経過年数の考慮(3)破損部分と補修箇所の差が大きい場合4.特約(1)特約とは(2)有効となるための要件 第5章:一般的な負担区分について1.床(1)畳(2)フローリング(3)カーペット、その他2.壁・天井(1)壁・クロス(2)天井3.建具・柱(1)ガラス(2)柱等(3)その他4.設備・その他(1)設備(2)鍵(3)水回り(4)居室 第6章:入居中の修繕について1.貸主の義務と借主の費用負担(1)貸主の修繕義務(2)必要な修繕とは(3)借主の費用負担2.小規模な修繕の特約(1)小規模な修繕の特約とは(2)小規模な修繕の特約の解釈3.修繕等の連絡 第7章:トラブル防止ガイドライン1.原状回復をめぐるトラブルとガイドライン(国土交通省)(1)原状回復にかかるトラブルの未然防止(2)契約の終了に伴う原状回復義務の考え方2.賃貸住宅トラブル防止ガイドライン(東京都)(1)トラブル防止と東京都の条例(2)賃貸住宅紛争防止条例(平成16年10月1日施行) 第8章:賃貸住宅の契約から退去後までの注意事項1.契約から入居前(1)事前説明はわかるまで確認を(2)特約には注意を(3)入居時の確認はしっかりと2.入居中(1)修繕等の連絡はこまめに(2)入居中のマナーを守り快適に3.退去時(1)退去予告は何日前?契約書で確認を(2)明渡しはきれいに!家主さんに迷惑をかけないで(3)退去時の物件確認もしっかりと(4)納得できない点は話し合いを 第9章:原状回復にかかる判例の動向[事例1][事例2][事例3][事例4][事例5][事例6][事例7][事例8][事例9][事例10][事例11][事例12] 第10章:Q&AQ1.退去するときのトラブルを避けるには、どのようにすればよいのでしょうか?Q2.建物を借りるときには、どんなことに気をつけたらよいでしょうか?Q3.賃貸借契約では、借主に不利な特約でもすべて有効なのでしょうか?Q4.退去時に、賃借人の負担する損害賠償額が契約書に定められています。このような規定は有効なのでしょうか?Q5.契約書に「賃借人は原状回復をして明渡しをしなければならない。」と書いてありますが、内装をすべて新しくする費用を負担しなければならないのでしょうか?Q6.不注意で壁クロスの一部にクロス張替えが必要なほどのキズをつけてしまいました。部屋全部のクロス張替費用を負担しなければならないのでしょうか? 第11章:まとめ1.行政機関への相談2.司法手続(1)民事調停手続(2)小額訴訟手続(3)小額訴訟手続の特徴
あきらめたり、泣き寝入りせず、敷金を取り戻す方法







敷金を取り戻す方法


あきらめたり、泣き寝入りせず、敷金を取り戻す方法
posted by 敷金を取り at 09:15| 敷金を取り戻す方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
驚異の不動産投資法
分譲マンションを安く買う方法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。