2010年05月03日

もしあなたが、敷金がほとんど返ってこなくて困っている方で在るならば・・・

もしあなたが、敷金がほとんど返ってこなくて困っている方で在るならば・・・

■賃貸契約金奪還マニュアル■
また他にも、もしあなたがアパート・マンションを契約した際に
 ●敷金が返ってこなかった
 ●意味不明な修繕費用を請求された
 ●手付金・申込金を没収された
 ●仲介手数料を1ヶ月分支払った
 ●鍵の交換費用を求められた
 ●消毒費用を求められた
 ●保険料が高く感じた
 ●少しでも契約金を安く抑えたい
 ●契約内容に不満を感じたが何も言えなかった
 ●今もまだ契約内容に腑に落ちない点がある

といった思いや経験をしたことがあるのなら、今すぐこの続きをお読みください。

私はそれらの悩みをカンタンに解決することができる方法をあなたにご提供できます。



このサイトは、あなたに次のような効果をもたらします   

もしあなたが、敷金がほとんど返ってこなくて困っている方で在るならば・・・
  その敷金のほとんどを取り返すことができます!
もしあなたの契約書に、「退去の際に清掃費、畳・襖の張替え費用の張替え費用を
  支払うものとする」という特約が在ったとしても、これらの特約を無効にすることが
  できます!
たとえあなたが、返還不可能と言われる敷引特約の地域の方でも、
  その敷引額を大幅にカットすることができます!
もしあなたが、入居したばかりの方で、仲介手数料を家賃の1ヶ月分も
  支払わされたのであればその半分を取り返すことができます!
とにかく、入居から退去までにかかる費用が数十万円も節約できて、
  あなたの生活は驚くほど豊かになります!




私は不動産業者に騙されていない!と自信をもって言えますか?

元大手不動産会社の社員であり、今では敷金返還の専門家として
 業界のTOPを走り続ける私が、正直に告白します。
■賃貸契約金奪還マニュアル■




今の日本の賃貸契約において、法律を遵守し、真に公平な契約をしている業者は
 ほんの僅かしかいないことでしょう。

あなたが契約している業者も含め、ほとんどの業者が法の隙間をついて
 不当に利益を得ようとしています。


例えば、仲介手数料・・。

法的な定めでは、仲介手数料の上限は
 借主の承諾を得ない限り、賃料の半月分が上限とされています。

あなたはその事実を知らされること無く、
 仲介手数料1ヶ月分にて契約を結ばれてはいませんか?

本来は家主と入居者とで折半で支払われるべき仲介手数料を
 家主に気に入られたいばかりに入居者に全額を負担させているのです。

そして、更に恐ろしいことには
 あなたは知らず知らずの内に、そのことについて同意の上契約を結ばれているのです。

大事なことは敢えて説明せず、
 「ではここに署名と捺印をお願いします。」と・・・。



 そしてコレだけでは終わりません。

入居中は何の根拠もない更新料を奪い取られ、
 退去したときは支払う必要のない数十万円に及ぶ修繕費用まで、
 まるでそれが当然のことであるかの如く、あなたから搾り取っているのです。





もしあなたが、敷金がほとんど返ってこなくて困っている方で在るならば・・・

■賃貸契約金奪還マニュアル■
posted by 敷金を取り at 09:39| 敷金を取り戻す方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
驚異の不動産投資法
分譲マンションを安く買う方法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。