2010年05月03日

不動産業者に立ち向かう為に必要な法的知識とは?

不動産業者に立ち向かう為に必要な法的知識とは?


■賃貸契約金奪還マニュアル■
●これだけ知っていれば大丈夫。
  不動産業者に立ち向かう為に必要な法的知識とは?

 ⇒不動産業者は、弁護士や司法書士等の士業に次ぐ法の専門家です。
  そんな彼らは法律を上手くやりくりしてあなたから利益をせしめ様としています。
  専門家に法律用語使われると素人の脳は自然に思考がストップする仕組みに
  なってるようですね^^
  →ここでは、不動産業者が用いる法律用語と、それに対抗する手段を必要最低限、
  わかりやすく噛み砕いてご説明しています。全てが超実践的な用語ばかりです!


●あなたが負担すべき本当の費用項目とは?

 ⇒「結局のところ、私はいくらの払えばよかったの?」
  敷金だけについての話ではありません!入居から退去まで、あなたが支払うべき
  費用と、支払わなくても良かった費用を、これまた小学生にもできる簡単計算式で
  求められるようになっています。


●契約書のウソを見抜くポイント。

 ⇒ここまで読んだあなたには必然的に契約書のウソを見抜く力が付いています。
  →これにより、あなたは今の契約も含め、今後何度引越しをしても契約内容から
  ウソが見抜けるようになり、不動産業者から「この人、同業者かな?」と一目置か
  れるほどの賃貸契約エキスパートになることができます。


●不動産業者のウソを見抜くポイント。

 ⇒上記と同じことですが、契約書だけでなく不動産業者の言葉に隠されたウソにも
  同時に気付けるようになっています。
  →この力は、不動産関係だけにとどまらず、人生におけるあらゆる契約ごとにおいて
  『契約の本質を見抜く力」、「たとえ騙されたとしてもすぐに対抗できる力」として大いに
  役に立つことでしょう。


●誰でもカンタンにできる敷金返還請求の方法とは?

 ⇒一般的な敷金返還請求は退去後に行い、敷引精算地区には対応していません。
  →しかし、このマニュアルは常識を覆します!!!
  入居中だろうが退去後だろうが、敷引精算地区だろうが実費精算地区だろうが、
  あらゆる場面で効果を発揮します!しかもパターン別に分けているからわかりやすい!

posted by 敷金を取り at 09:34| 敷金を取り戻す方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
驚異の不動産投資法
分譲マンションを安く買う方法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。