2010年05月03日

敷金が返ってこなかった

敷金が返ってこなかった


■賃貸契約金奪還マニュアル■
突然ですが、あなたの契約書には
『退去の際は、清掃費用・畳・襖の張替え費用
(又は敷引)を敷金より差引き精算いたします。』
という文言がありませんか?


また他にも、もしあなたがアパート・マンションを契約した際に
 ●敷金が返ってこなかった
 ●意味不明な修繕費用を請求された
 ●手付金・申込金を没収された
 ●仲介手数料を1ヶ月分支払った
 ●鍵の交換費用を求められた
 ●消毒費用を求められた
 ●保険料が高く感じた
 ●少しでも契約金を安く抑えたい
 ●契約内容に不満を感じたが何も言えなかった
 ●今もまだ契約内容に腑に落ちない点がある

といった思いや経験をしたことがあるのなら、今すぐこの続きをお読みください。

私はそれらの悩みをカンタンに解決することができる方法をあなたにご提供できます。



このサイトは、あなたに次のような効果をもたらします   

もしあなたが、敷金がほとんど返ってこなくて困っている方で在るならば・・・
  その敷金のほとんどを取り返すことができます!
もしあなたの契約書に、「退去の際に清掃費、畳・襖の張替え費用の張替え費用を
  支払うものとする」という特約が在ったとしても、これらの特約を無効にすることが
  できます!
たとえあなたが、返還不可能と言われる敷引特約の地域の方でも、
  その敷引額を大幅にカットすることができます!
もしあなたが、入居したばかりの方で、仲介手数料を家賃の1ヶ月分も
  支払わされたのであればその半分を取り返すことができます!
とにかく、入居から退去までにかかる費用が数十万円も節約できて、
  あなたの生活は驚くほど豊かになります!




私は不動産業者に騙されていない!と自信をもって言えますか?

元大手不動産会社の社員であり、今では敷金返還の専門家として
 業界のTOPを走り続ける私が、正直に告白します。


今の日本の賃貸契約において、法律を遵守し、真に公平な契約をしている業者は
 ほんの僅かしかいないことでしょう。

あなたが契約している業者も含め、ほとんどの業者が法の隙間をついて
 不当に利益を得ようとしています。


例えば、仲介手数料・・。

法的な定めでは、仲介手数料の上限は
 借主の承諾を得ない限り、賃料の半月分が上限とされています。

あなたはその事実を知らされること無く、
 仲介手数料1ヶ月分にて契約を結ばれてはいませんか?

本来は家主と入居者とで折半で支払われるべき仲介手数料を
 家主に気に入られたいばかりに入居者に全額を負担させているのです。

そして、更に恐ろしいことには
 あなたは知らず知らずの内に、そのことについて同意の上契約を結ばれているのです。

大事なことは敢えて説明せず、
 「ではここに署名と捺印をお願いします。」と・・・。



 そしてコレだけでは終わりません。

入居中は何の根拠もない更新料を奪い取られ、
 退去したときは支払う必要のない数十万円に及ぶ修繕費用まで、
 まるでそれが当然のことであるかの如く、あなたから搾り取っているのです。



 正直私は、もううんざりなんです。

弱気を騙し、都合の良い解釈で言葉巧みに入居者を丸め込め
 少しでも利益を得ようとする、その卑しい今の不動産業界のあり方が!!

「衣食住」の「住」を提供するすばらしい職種である不動産業が
 いつまでも変わることなく詐欺的な行為を繰り返していることに
 我慢が出来ないのです!!



 私の力が、全国の入居者様のお力になれればと思い、
 全国の不動産業者から睨まれることを覚悟の上で、
 その全貌を明らかにすると共に、

敷金問題に苦しむあなたを助けるため、この情報の公開を決意しました。



あなたが如何に、今まで言葉巧みに騙され続けていたかが
 分かっていただけたことと思います。

もし、無料版を見た上で、
 あなたがそれら騙し取られた費用を取り返したいというのなら

以下にご紹介する私の渾身の作品

「賃貸契約金奪還マニュアル」がきっとあなたのお役に立てるでしょう。



賃貸物件の契約で不当な請求を受けないようにするために、
 あなたは何をしますか?


 多くの一般書籍では
『契約書をよく読み、わからないことは契約時にキチンと質問しましょう』
などと書いていますが、あなたはこれで本当に問題が解決すると思いますか?

●契約書をじっくり読む暇がない
 ●読んだところで何が不当な内容なのかがわからない
 ●納得いかなくても何と言ったらよいのかわからない
 ●不動産業者に質問しても説得されるだけで契約内容が変わるわけではない
 ●てゆーか、もうすでに契約しちゃったし・・・

・・・・ですよね。

これだけで一般の借主が問題を解決できるわけがありません。


インターネットで知識を得ますか?宅建協会や掲示板など無料相談に頼りますか?

でもそもそも何を相談すればよいのかわからないですよね?
 敷金について質問するだけで良いのですか?
 本当は他にももっとたくさんあるのですよ。あなたの契約の問題点は・・・。
 第一、先ほども言ったように、相談して知識を得ても不動産業者には適いません!


 問題解決に一番良い方法・・・

・・・それは、

弁護士の先生に相談して裁判を起こすことです。

確実に白黒ハッキリと決着がつきます。費用は鬼のように高いですが・・・( ̄▽ ̄;)

ちょっと前までは、敷金返還代行サービスなるものが流行っていましたが、これは弁護士法第72条(非弁行為)に抵触する恐れがあると指摘されていますし、最近ではそのことが業者サイドにもバレていますので効果が期待できなくなってきています。しかも、費用も決して安くはありません。


しかも、これらの方法には共通して大きな問題があります!


それは退去した後でなければ、実行に移せない!ということ。

退去した後というのは当然次の引越しがあり、最も忙しく、もっともお金が必要な時期でもあります。
そのような時期にバタバタと敷金返還交渉を始めても、余計忙しくなるだけですし、
結局敷金が返ってくるのはずいぶんと経過してからだしで、全く意味がないですよね?

多くの人はそうやって諦めていくのです。
 第一、退去するまでの間、あなたはずっと敷金精算に不安を抱えながら
 生活をし続けるのですか?

退去してからでは本来取り返せる費用も取り返せなくなってしまいますよ?
 そして次の引越し先でもまた同じことを繰り返すつもりですか?
 日本人は人生において3〜5回の引越しをするそうです。
 あなたは後何回引越しをするおつもりですか?その費用の累計を想像できますか?



このマニュアルは根本から違います!

つまり、契約時は特に何も質問しなくても良いですし、退去を待たずして結果がでてしまいます!

高額な費用がかかることもないですし、不動産業者との会話もほとんど必要ありません!

トークを極力抑えた上で、誰でもカンタンに実行でき、一生使えるノウハウ

そんなものを目指しました。

しかもそのノウハウを多彩な特典で徹底的にフォローします。

これにより成功率も格段にアップしました。




あなたもこのマニュアルを使うことによって、
 たった2時間くらいのカンタン作業(実質1時間)でカンタンに
 敷金・礼金・その他モロモロ10万円〜30万円も取り返すことができるのです!

しかも、実行後約20日で結果がでますので退去まで待つ必要もありませんし、
 面倒な交渉もいりません。



想像してみてください。

退去したときに敷金が返ってこなかったときの自分の姿を・・。

今住んでいるところを退去するということは必ずそれなりの理由があります。
 一番多いパターンは『結婚に伴う新居への引越し』ですがそんな時、
 あてにしていた敷金が全く戻ってこなかったら・・・。

せっかくの新婚生活が最悪のものとなるでしょう。
 不動産業者ともめ、予定していた家具も買えず、
 結婚式のプランをも変更するはめになりかねません。

通常敷金は退去後1・2ヵ月後に返金されますが、
 その間、いくら返ってくるのかがわかっているのとわかっていないのとでは
 新生活のスタートが大きく違ってきます。


想像してみてください。

引越しのとき、手元に降って沸いた30万円の余裕があるときのことを・・・。

あなたはこの30万円をどのように使いますか?
 私ならでっかいソファーとプロジェクター・スクリーン・5.1chサラウンドスピーカーシステムを
 購入してホームシアターを作り出します。
 

沖縄旅行なんかもいいですね。
 
なんせ、もともとなかったはずのお金なので気兼ねなく贅沢が出来ます^^


もう一度想像してみてください。

退去した後、返金された敷金が予想より10万円も少なかったときのことを・・・。



・ ・ ・



なぜこのマニュアルじゃないとダメなのかって?

確かに、敷金返還系のマニュアルは他にも存在します。
 しかしそれらの多くは敷金のみにフォーカスされており、退去の後にしか実行に移せず、
 ハイレベルな交渉術が要求されます。



 でもそれじゃダメなんですよ。

敷金以外にもあなたが取り返すべきお金はありますし、
退去の後は忙しくて実際にはあまり動きが取れないですし、
何より今まで不動産業者とまともに交渉をしたことのないあなたには
トークで不動産業者に勝つ自信なんてないでしょう?


そう思ったからこそ、私はこのマニュアルを作成しました。

このマニュアルは、敷金以外の礼金・仲介手数料などなど、
賃貸契約に関わる基本的な費用の全てを返金の対象としています。
(更新料は返還ではなく、今後の支払いを減らすことが可能となります。)

このマニュアルは、退去を待たずして結果がわかる画期的なマニュアルです。
(もちろん、退去後の人でも効果があります。)

このマニュアルは、人生において一度たりとも文句を言ったことのないような人
でさえカンタンに実行できるように工夫されています。
(マニュアルの内容を書面で送るだけです。)

わかりにくいですか?

ではこれならどうでしょう?
このマニュアルの内容を以下にまとめてみました。
■賃貸契約金奪還マニュアル■




あなたが払った賃貸借契約金、今から30日以内に、いとも簡単に取り返すことが可能です!
posted by 敷金を取り at 09:33| 敷金を取り戻す方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
驚異の不動産投資法
分譲マンションを安く買う方法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。