2008年11月16日

敷金を取り戻す方法

敷金を取り戻す方法

あきらめたり、泣き寝入りせず、敷金を取り戻す方法


アパートを退去する時に戻ってくると思っていた敷金が戻ってこなかったあなたに!



第1章:敷金を取り戻すまで 第2章:なぜトラブルが起きるのでしょう? 第3章:敷金とは何? 第4章:退去時の復旧1.貸主の費用負担2.借主の費用負担(原状回復)(1)借主の“原状回復”義務(2)善管注意義務(善良なる管理者の注意義務)(3)原状回復とはいえないグレードアップ3.借主の負担割合(1)費用負担の範囲(2)経過年数の考慮(3)破損部分と補修箇所の差が大きい場合4.特約(1)特約とは(2)有効となるための要件 第5章:一般的な負担区分について1.床(1)畳(2)フローリング(3)カーペット、その他2.壁・天井(1)壁・クロス(2)天井3.建具・柱(1)ガラス(2)柱等(3)その他4.設備・その他(1)設備(2)鍵(3)水回り(4)居室 第6章:入居中の修繕について1.貸主の義務と借主の費用負担(1)貸主の修繕義務(2)必要な修繕とは(3)借主の費用負担2.小規模な修繕の特約(1)小規模な修繕の特約とは(2)小規模な修繕の特約の解釈3.修繕等の連絡 第7章:トラブル防止ガイドライン1.原状回復をめぐるトラブルとガイドライン(国土交通省)(1)原状回復にかかるトラブルの未然防止(2)契約の終了に伴う原状回復義務の考え方2.賃貸住宅トラブル防止ガイドライン(東京都)(1)トラブル防止と東京都の条例(2)賃貸住宅紛争防止条例(平成16年10月1日施行) 第8章:賃貸住宅の契約から退去後までの注意事項1.契約から入居前(1)事前説明はわかるまで確認を(2)特約には注意を(3)入居時の確認はしっかりと2.入居中(1)修繕等の連絡はこまめに(2)入居中のマナーを守り快適に3.退去時(1)退去予告は何日前?契約書で確認を(2)明渡しはきれいに!家主さんに迷惑をかけないで(3)退去時の物件確認もしっかりと(4)納得できない点は話し合いを 第9章:原状回復にかかる判例の動向[事例1][事例2][事例3][事例4][事例5][事例6][事例7][事例8][事例9][事例10][事例11][事例12] 第10章:Q&AQ1.退去するときのトラブルを避けるには、どのようにすればよいのでしょうか?Q2.建物を借りるときには、どんなことに気をつけたらよいでしょうか?Q3.賃貸借契約では、借主に不利な特約でもすべて有効なのでしょうか?Q4.退去時に、賃借人の負担する損害賠償額が契約書に定められています。このような規定は有効なのでしょうか?Q5.契約書に「賃借人は原状回復をして明渡しをしなければならない。」と書いてありますが、内装をすべて新しくする費用を負担しなければならないのでしょうか?Q6.不注意で壁クロスの一部にクロス張替えが必要なほどのキズをつけてしまいました。部屋全部のクロス張替費用を負担しなければならないのでしょうか? 第11章:まとめ1.行政機関への相談2.司法手続(1)民事調停手続(2)小額訴訟手続(3)小額訴訟手続の特徴
あきらめたり、泣き寝入りせず、敷金を取り戻す方法







敷金を取り戻す方法


あきらめたり、泣き寝入りせず、敷金を取り戻す方法
posted by 敷金を取り at 09:15| 敷金を取り戻す方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
驚異の不動産投資法
分譲マンションを安く買う方法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。